安心・安全に関する基本理念

1.基本目標

安全で安心な食料生産基地としての信頼の構築と、ゆとりとうるおいのある住みよい農村社会の確立

2.実践目標

1.食の安全・安心確保対策

大正産農畜産物に対する消費者の信頼確保と一層のクリーン農業の推進を目指し、減農薬・減化学肥料裁培等の確立と生産履歴記帳運動の実践により食の安全・安心確保を図ります

  1. クリーン農産物生産の推進(安全)
    1. 減農薬裁培の確立
      1. 馬鈴しょ・・・・・リーフチョッパーの導入、浴光催芽と機械除草の励行
      2. 根菜類・・・・・線虫抵抗植物の積極的利用
      3. 共通・・・・・発生予察の活用、忌避資材の活用
    2. 減化学肥料裁培の確立
      1. 地域内有機物の積極的利用による、減化学肥料裁培の推進
      2. 土壌診断に基づく適正施肥の指導
    3. 農薬の安全使用励行
      1. 使用基準の遵守
    4. 環境負荷低減の推進
      1. 生分解資材の活用
  2. トレーサビリティー(生産物の履歴を追跡出来る仕組み)の確立(安心)
    1. 農産物
      1. 裁培履歴の整備
    2. 畜産物
      1. 酪農畜産現場でのHACCP導入
        ※牛乳の生産履歴
        ※個体ごとの生産履歴
    3. 開示システムの構築
    4. 残留農薬自主検査体制の構築

次へ

安心・安全に関する取組み

JA帯広大正では安全・安心に関する取組みを確実に実践するため下記の推進体制を整備しています。

安心・安全推進体制(組織図) 安心・安全推進体制(組織図) 食の安全・安心対策室を設置

食に関する国民の関心は、ますます高まってまいりました。私たちJA帯広大正は、何年も前から安全で安心な農畜産物づくりに地域一丸となって取り組んでまいりましたが、より協力な体制を目指して、平成16年4月より専任の組織「食の安全安心対策室」が設置され、妥協のない独立した専任部署として活動しています。

次へ

前へ

安心・安全に関する具体的な取組み内容

JA帯広大正では、地域一丸となって安全・安心な農畜産物づくりを実践しています

1.自主的な残留農薬検査

自主的に残留農薬検査を実施しています。

2.茎葉処理剤を一切使用しません。

種子・加工・食用馬鈴薯にリーフチョッパーを使用し、葉茎処理剤を一切使用しません。

3.生産履歴の記帳

生産履歴の記帳を徹底し、国・北海道の基準に沿った農産物づくりを進めています。

4.土壌診断と適正な施肥

50計画的な土壌分析診断を行い適正な施肥を行っています。

5.特別栽培メークイン

特別栽培メークインへの取組みを進めています。





前へ

安心・安全に関する具体的な取組み内容 2.茎葉処理剤を一切使用しません。

種子・加工・食用馬鈴薯にリーフチョッパーを使用し、葉茎処理剤を一切使用しません!
JA単位、全農家での取組みは十勝管内初!

リーフチョッパー処理とは

農薬を減らす処理、リーフチョッパー

収穫前に行う茎葉を取り除く作業に、従来使用していた茎葉処理剤を一切使用せず、チョッパーと呼ばれる畝にあわせた山型の刃で、地上部分の茎葉をカットし粉砕していきます。粉砕された茎葉はそのまま土にかえります。
その後、馬鈴薯の皮が硬くなるまで2週間ほど待ち、ポテトハーベスターで収穫します。

農薬を使用しないリーフチョッパー処理の馬鈴薯

トラクターの後部に接続しているのものがリーフチョッパーです

リーフチョッパー

next back

安心・安全に関する具体的な取組み内容 4.土壌診断と適正な施肥

計画的な土壌分析診断を行い適正な施肥を行っています。
農業の基本は畑の健康診断から!

土壌分析診断とは

土壌分析診断で健康な土



作物が生育するには、土壌中に窒素・りん酸などの栄養分がなければなりません。
土壌分析は、この栄養分がどれだけ土壌の中にあるかを化学的に分析し、どれだけ肥料を施せば良いかを判断する基準になります。
しかし、この栄養状態は常に一定ではありません。そこで、帯広大正では、定期的に分析を行い適正な施肥を施しています。

農薬を使用しないリーフチョッパー処理の馬鈴薯

JA帯広大正マッピングシステムと土壌分析のサンプル採取風景

JA帯広大正マッピングシステムと土壌分析のサンプル採取風景

next back

安心・安全に関する具体的な取組み内容

5.特別栽培メークイン

特別栽培メークインへの取組みを進めています。

特別栽培メークインとは

特別栽培メークインは、厳しい管理のもとに栽培されている農産物のひとつです。
北海道で策定されている化学肥料(窒素由来成分)の施用基準と、化学合成農薬の成分回数を2分の1以下におさえ、さらに、茎葉をリーフチョッパー処理して収穫された文字どおりトクベツ栽培のメークインです。

農薬を使用しないリーフチョッパー処理の馬鈴薯

これが、登録の証です

JA帯広大正マッピングシステムと土壌分析のサンプル採取風景 back