button button button


青年部が大正メークインを使って地ビールを作りました。

2016年2月2日

 
青年部が大正メークインを使って地ビールを作りました。1  北海道のJA帯広大正青年部はジャガイモ「メークイン」を使った地ビール(税制上は発泡酒)「おいものおもい」を販売しました。原料の一つとして規格外の「メークイン」を使い、地元の地ビールメーカー・帯広ビールが250リットル製造しました。

 JA青年部では、地元のブランド「大正メークイン」のPRと、でんぷん原料や加工用に向けられる規格外品に付加価値を付ける方法がないかと2013年に協議を始め、14年に試作してJAの青年部員や組合員、役員が試飲しました。地元の祭りでも提供したところ、「ほんのりと芋の風味がする」と、来場者の好評を得ることができました。

 同青年部の佐藤日出雄部長は「試行錯誤の連続でしたが、多くの人の支援で商品化できました。メークインのおいしさを知るきっかけになれば」と振り返ります。

青年部が大正メークインを使って地ビールを作りました。2  醸造や酒販売の知識に乏しく、何をやるにも初めてのことばかりでしたが、帯広ビールやJAの支援を受け、製造や試作にかかる資金の工面、販売計画の作成などに取り組みました。

 商品名や試作品のパッケージデザインは、6支部75人の青年部員から公募して決めました。瓶一本でS玉サイズ1個分のジャガイモを使用しています。

おいものおもいPOP

消費拡大推進事業(ことぶき保育所)

2015年11月17日

 
消費拡大推進事業(ことぶき保育所)1  10月7日、ことぶき保育所にて大正青年部消費拡大事業として食育活動を行いました。
 はじめに年少~年長と一緒にピザ作りを行いました。満寿屋さんのご協力のもと小麦粉の混ぜ・こね・伸ばしから野菜のトッピングまでを園児たちに教えながら行いました。終始笑顔が絶えず、一生懸命にピザを作る園児たちを見て、食を通じて楽しむという事を子供と大人が一体となり学ぶ事ができました。
消費拡大推進事業(ことぶき保育所)2  その後は未満児も加わって大正野菜3兄弟と一緒に交流をしました。小麦や野菜についてのクイズを出題し、小麦の穂から乾麦→ピザ生地になるという一連の過程を、現物を実際に触ってもらいながら楽しく学んでもらいました。
 記念撮影を行った後、青年部員も各クラスに分かれて園児達と一緒に昼食をたべました。作ったピザも一緒に食べ、ピザを頬張り美味しいと言う園児達。「食=楽しい」という経験を共有、共感できた一日でした。

消費拡大推進事業(大正小学校)

2015年11月17日

 
消費拡大推進事業(大正小学校)1  10月5日、大正小学校において食育活動を実施しました。
 4年生が今年作ったスイートコーンや、馬鈴薯について、蒔きつけから収穫、箱詰め、そして口に入るまでの行程を授業し、その後農協の馬鈴薯選果施設を見学しました。
 途中、実際のトラクターとハーベスターを用いて農作業機の危険性についても勉強し、最後に大正3兄弟と記念撮影を行いました。
消費拡大推進事業(大正小学校)2  生徒達は真剣に話を聞いてくれ、積極的に質問してくれたりと、僕達が伝えたかった「食べ物がみんなの口に入るまでにたくさんの人が関わっている」ということを伝えられたと思います。
 僕達も、伝える事の難しさや大切さ、伝わった時の感動や面白さ等いろいろな事を学び、地域の小学生と青年部とが楽しく「共有」できる良い活動になったと思います。

三団体環境美化事業

2015年11月17日

 
三団体合同環境美化事業1  7月4日、青年部・若妻会・農協役職員による三団体合同環境美化事業が実施されました。
 今年度で三回目となるこの事業は、大正市街地のクリーン作戦を通して他地域から移り住んだ方に大正の良さを知ってほしい、また当地域で生まれ育った方にも「今の大正」を再発見して欲しいとの思いから行われています。
三団体合同環境美化事業2  当日は合わせて154名の方に参加して頂き、天候の懸念もありましたが、日差しも柔らかく歩きながらの活動には大変好ましい日和でした。また、ゴミ拾いの最中には大正地域にちなんだクイズが出題され、「青年部・若妻会・農協役職員の合計人数は?」等の問いに対してチーム毎のメンバー全員がそれぞれ意見を出し合い、それをきっかけに別の話題で盛り上がるなど、互いの交流を図ることが出来ました。
 クリーン作戦終了後の懇親会では各団体の新入部員、職員による自己紹介や、参加された方の誕生月を用いた逆ビンゴ大会などが行われ、終始和やかに笑顔が溢れる事業となりました。

夏期研修会

2015年7月17日

 夏期研修会1  6月17日に青年部夏期研修会が開催されました。
 今年度はバス視察研修で最初に、今年度から新しくなった帯広市学校給食センターに行き、十勝産にこだわった食材を選び、子供達に安心・安全な食べ物の提供に心がけ、食に対する興味を持って貰うために食育にも力を入れていました。
 夏期研修会2

 次に株式会社泰章農場を視察しました。畑作・和牛生産以外に肥料製造販売を自社で行っており、農閑期に従業員の仕事確保ができ、和牛生産や肥料製造によって経営安定を図っていました。最後に、有限会社コタニアグリを視察しました。170haの広大な農場で、ビート収穫機が4径自走式ハーベスターを使用しており、機械の大きさ・収穫能力に驚きました。

 夏期研修会3  視察研修後、農産センター内施設で懇親会が行われ、焼肉を囲みながら新人紹介・アームレスリング大会・アトラクション等で盟友全体が楽しく交流しました。
 視察研修を通して、盟友一人一人が共有・共感し、今後の青年部組織に生かされる夏期研修会でした。

部長の挨拶


部  長   佐藤 日出雄
 強い日差しが日に日に増してきましたが、まだ肌寒い日々が続いています。雪解けが進み、本格的な農作業が始まりを迎え、 皆様におかれましては何かとご多忙の毎日をお過ごしの事と思います。

 この度、第67回定期総会に於いて平成27年度部長に選任され、大役を務めさせて頂く事となり、身の引き締まる思いです。 今年度は、7名の新しい部員が加わり総盟友数75名となりました。 役員の皆様や事務局、諸先輩方・盟友のお力添えとご指導を頂き、本年度事業を進めて参りたいと思います。

 現在農業を取り巻く環境は、農協改革など様々な規制改革やグローバル化に向けた動きがあり、まさに今、大きな転換期を迎えようとしています。 またTPP(環太平洋連携協定)交渉においては、大筋合意に向け断続的に協議が行われていますが、 日本の農業を崩壊の危機にさらし、地域社会の将来に禍根を残しかねないものであり、依然として先行きが不透明な状況が続いています。 今こそ農業者が一つとなり政府からの情報開示や国民的議論がほとんどないTPP交渉を断固反対し、 国内の「食の安全・安心」を守っていかなければならないと考えています。このような時代だからこそ、私達青年部は一つ一つの物事を「共有・共感」することで、 消費者との意思疎通を図り、人との繋がりを大切にすると共に、不透明な農業情勢にも対応できるよう行動、 挑戦し続け、青年部だけではなく地域の後継者として頑張っていこうと思います。

 最後に、農協青年部活動により一層のご理解とご協力を賜りますよう組合員の皆様を始め、農協並びに関係機関各位にお願い申し上げます。 豊穣の出来秋が迎えられますようご祈念申し上げ、就任の挨拶とさせて頂きます。

平成27年度 青年部新役員

【後列左より】
矢野さん、田守さん、奥井さん、加藤さん、棚村さん、小森さん

【前列左より】
伊東さん、岸塚さん、佐藤さん、森下さん、高道さん


部長の挨拶


部  長   梶  和子
 冬の名残りもまだ去りやまぬ時候、暖かな春の光が春耕の時期を間近に迎えようとしている今、部員の皆様におかれましては、益々の御健勝の事とお慶び申し上げます。

 この度、部長という大役を務めさせて頂く事になり責任の重大さを感じ身の引き締まる思いでいっぱいです。微力ではございますが、役員の皆様、事務局、部員の皆様、そして諸先輩方のお力添えとご指導を頂きながら、今年度の事業に取り組んで参りたいと思います。

 近年、温暖化による天候不順の災難は作物への影響を及ぼし、今後どの様な対策をしていくか生産者にとっては大きな課題でもあります。更に消費税が増税となり、すべての面において私達国民の生活への不安は隠しきれません。こうした時代の中、農業経営者にとって農業を取り巻く情勢は厳しい位置に置かれています。

 私達女性は、農業経営者のパートナーでもあり、一番身近な消費者として安全・安心な農畜産物を生産・提供すると共に、家族の健康を願い心豊かな生活を築く重要な役割を担っています。どの様な環境に於かれても努力を惜しまず共に考え知恵を出し支え合い、意識の向上を図るためにも部員の皆様に参加して頂けるような、魅力ある事業内容で役員一同進めて参りたいと思いますので、皆様の御理解、御協力をお願い致しまして就任の挨拶とさせて頂きます。

平成27年度 女性部新役員

【後列左より】
岡崎さん、道見さん、坂本さん、高田さん、黒田(ゆ)さん、宮浦さん

【前列左より】
岸塚さん、梶さん、黒田(智)さん、山崎さん


会長の挨拶


会  長   木原 さやか
 寒さもようやく和らぎ、春の息吹きが感じられる今日この頃、皆様におかれましてはお忙しい日々をお過ごしの事と思います。

 この度、若妻会会長という大役を務めさせて頂く事となりました。今年度当JA女性部若妻会は創立50周年を迎え、歴史の重みを感じ、その責任の重大さで身の引き締まる思いでいっぱいです。 微力ではございますが、役員・会員・事務局そして諸先輩方のお力添えとご指導を頂きながら、今年度の事業に一生懸命取り組んで参りたいと思います。

 TPP交渉が極めて重大な局面を迎えており、政府は米政府と「4月大筋合意」を視野に協議を重ねている状況です。また、生産現場とはかけはなれた急進的な農協・農業改革と、多くの農業者が今の農業情勢に不安を抱いています。

 このような時代の中、私達は明るく健康な家庭を築き、次代を担う子供たちへ自然豊かな土地で命を育み、食の大切さを身近に感じることのできる環境にあることの感謝と素晴らしさを伝えていく事が大切だと思っています。

 近年は会員数も増加傾向にあり、今年も5名の新しい仲間を迎え総勢41名となり、活気があふれております。

 会員の皆様におかれましては、家業・家事・育児等でお忙しいとは思いますが、魅力のある活動を目指し役員一同精一杯頑張って参りたいと思います。

 最後に、会員のご家族の皆様にも御理解と御協力をお願い申し上げますと共に、皆様の今後の益々の御発展と御健勝をお祈り申し上げ、就任の挨拶とさせて頂きます。

平成27年度 若妻会新役員

【後列左より】
速水さん、久保さん、木下さん

【前列左より】
小森さん、木原さん、西槇さん



大正農協の野菜学校

帯広大正農協でつくられるおいしい野菜ができるまでを一緒に学びましょう。

メークイン学校

メイクイーン

おいしいメークインができるまで。

レッツゴー>>

長いも学校

メイクイーン

おいしい長いもができるまで。

レッツゴー>>

だいこん学校

メイクイーン

おいしい大根ができるまで。

レッツゴー>>

 

大正農協のおいしい野菜レシピ集

帯広大正農協には便利な携帯サイトもございます!