安心・安全に関する具体的な取組み内容

2.茎葉処理剤を一切使用しません。

種子・加工・食用馬鈴薯にリーフチョッパーを使用し、葉茎処理剤を一切使用しません!
JA単位、全農家での取組みは十勝管内初!

リーフチョッパー処理とは

農薬を減らす処理、リーフチョッパー

収穫前に行う茎葉を取り除く作業に、従来使用していた茎葉処理剤を一切使用せず、チョッパーと呼ばれる畝にあわせた山型の刃で、地上部分の茎葉をカットし粉砕していきます。粉砕された茎葉はそのまま土にかえります。
その後、馬鈴薯の皮が硬くなるまで2週間ほど待ち、ポテトハーベスターで収穫します。

農薬を使用しないリーフチョッパー処理の馬鈴薯

トラクターの後部に接続しているのものがリーフチョッパーです

リーフチョッパー

次へ

前へ

大正農協の野菜学校

帯広大正農協でつくられるおいしい野菜ができるまでを一緒に学びましょう。

メークイン学校

メイクイーン

おいしいメークインができるまで。

レッツゴー>>

長いも学校

メイクイーン

おいしい長いもができるまで。

レッツゴー>>

だいこん学校

メイクイーン

おいしい大根ができるまで。

レッツゴー>>

 

大正農協のおいしい野菜レシピ集

帯広大正農協には便利な携帯サイトもございます!