JA帯広大正農協のメイクイーン教室

理科2

3月 種芋の準備作業

種芋

前年に収穫した種芋を3月頃まで温度が2~3℃で保たれた定温庫に大切に保管します。
3月頃、定温庫から出した種芋は日光浴させて芽を出させます。こうすると育ちの良い馬鈴しょになります。4月頃、種芋を2~4個くらいに包丁で切断します。これ は、 種芋を節約することと種芋を植え付ける機械の都合によります。

4月~5月 培土(土よせ)作業

プランター

4月の終りから5月にかけて、「プランター」という機械を 使っ て種いもを畑に植え付けます。
機械によっては、人が後ろに乗って作業を手伝わなければなりません。

6月 植付け作業

馬鈴しょの周りの土の温度・水分を一定に保つため、「培土機」とい う機械で土をよせます。
・ これをしないと、馬鈴しょが成長すると土から飛び出してしまいます。
・ 飛び出した馬鈴しょは、日光が当たると緑色になって食べられなくなってしまいます。

 


培土の様子を動画で見る事ができます。

 

5月~9月 防除作業

防除作業

馬鈴しょが病気にならないように「スプレヤー」という機械で薬をかけます。
これをしないと、馬鈴しょが収穫できなくなるかもしれません。

8月 茎葉処理作業

リーフチョッパー
茎葉処理作業の様子を動画で見る事ができます。

葉と茎がたくさんあると、収穫作業がとてもしにくいの で収穫前に「リーフチョッパー」という機械で刈り落としてしまいます。今までは、茎葉処理剤という薬をつかって、葉と茎を枯らしていましたが、JA帯広大正管内では平成15年産の馬鈴し ょから全面積を薬をつかわずに、リーフチョッパーで処理しています。だから、とても安心して食べれるよ。

9月~10月 収穫(掘り取り)作業

収穫

馬鈴しょの収穫は「ポテトハーベ スター」という機械を使って行ないます。
このとき、機械の上で石や土のかたまりを手で取ります 。
同じく形のわるいものや腐ったものも取り除きます。

9月~翌年4月 選別・出荷作業(JA選別施設)

選別工場工場から市場へ出荷

収穫された馬鈴しょは、JAの選別施設に集荷され規格ごとに箱詰めされます。
この選別施設は1日に約130トンの馬鈴しょを選別することができます。
ここではたくさんの人が働いています。
箱詰めされた馬鈴しょは、全国の市場や量販店等に向 けて出荷されます。

        
選果場の様子を動画で見る事ができます。
                       

次へ

前へ

大正農協の野菜学校

帯広大正農協でつくられるおいしい野菜ができるまでを一緒に学びましょう。

メークイン学校

メイクイーン

おいしいメークインができるまで。

レッツゴー>>

長いも学校

メイクイーン

おいしい長いもができるまで。

レッツゴー>>

だいこん学校

メイクイーン

おいしい大根ができるまで。

レッツゴー>>

 

大正農協のおいしい野菜レシピ集

帯広大正農協の野菜を使ったお料理レシピ集。

レシピへGO!>>

 

大正農協のおいしい野菜レシピ集

帯広大正農協には便利な携帯サイトもございます!